アイサワ工業株式会社

会社情報 company profile実績紹介 works技術紹介 technology採用情報 recruitCSR responsibility
文字のサイズ

社会貢献活動

その他の活動

「ミズベリング岡山旭川」への協力
ミズベリングとは、「水辺+RING(輪)」「水辺+R(リノベーション)+ING(進行形)」の造語。水辺とまちが一体となった美しい景観とにぎわいを生み出すため、全国各地で行われている取り組みの事です。
岡山県では、岡山市民及び観光客の皆様に、当日実施される「カヌー体験」・「秋涼リバーコンサート」や石山公園のパンマルシェ・オープンカフェ等のイベントを通して、岡山城・岡山後楽園・旭川さくらみち周辺の水辺に親しんで頂くとともに、「かわ」と「まち」づくりについて一緒に考えることを目的とした「ミズベリング岡山旭川」を開催しています。
アイサワ工業はこの取り組みに協力しています。

「ミズベリング岡山旭川2016」に参加
2016年10月16日(日)、岡山城・後楽園・旭川さくらみち一帯のエリアで「ミズベリング岡山旭川2016」が開催されました。
写真:チラシ(表) 写真:チラシ(裏)
岡山での開催は今年が2 回目になります。
今回は「みんなでつくる水辺フェス♪」のサブタイトル通り、一般からの実施希望イベントも募集されており、当社は旭川沿いで施工している岡山城跡整備工事の現場を開放しての「現地見学会~岡山城と旭川とお堀と石垣~」を企画、応募したところ、見事採用され、実施の運びとなりました。
写真:オープニング
屋外行事で雨の心配もありましたが、天候もどうにか持ち堪え、朝10 時からという早い時間帯にも関わらず、参加者数約70 名という大勢の、しかも幅広い年代の方々が御参加下さいました。
 
現地見学会 ~岡山城と旭川とお堀と石垣~
①石の重さ当てクイズ
盛り沢山な内容の中で、最初に行われたのが「石の重さ当てクイズ」
写真:クイズ1 写真:クイズ2
手に持てるサイズの石の重さから推定して「石垣に使う大きな石は何kg?」との問題に、参加した子供たちは積極的に手を挙げて、元気に答えていました。そして実際にクレーンを使って巨石の重さを計ると、場内からはどよめきと歓声が上がりました。

②石引き体験
次は、その大きな石をみんなで引っ張る「石引き体験」
写真:石引き1 写真:石引き2
子供たちの他、引率のお父さん・お母さん方も助っ人として参戦。「ヨーイ、ヨイッ!」の掛け声に合わせ、一致団結して力いっぱい引っ張り、無事にゴールしました。

③石割り体験
続いては「石割り体験」。石工の職人さんが昭和の頃に現場で使っていた、貴重な工具の数々を見せて頂いた後、実際にゲンノウを使って巨大な石に挑みました。
写真:石割り1 写真:石割り2
石の「目」に沿って叩いて行くと、やがてヒビが入り、叩く音の高さが変わってきます。そして石の表面に割れ目が走り、見事に真っ二つに割れると、またもや場内は歓声に包まれました。

④石積み体験(見学)
今度は、その石を使った「石積み」を見学
写真:石積み
現代はクレーンなどの機械で工事を行いますが、ここでは脚立と滑車を使って昔ながらの作業を再現。先人たちの苦労と知恵に思いを馳せるひと時となりました。

⑤裏込め栗石 間詰め体験
最後は、「裏込め栗石 間詰め体験」
写真:栗石間詰め1 写真:栗石間詰め2
主役とも言える巨大な石垣の石を、見えない所でしっかりと支え、安定させるという重要な役目を持つ、小さな栗石。イベント参加の記念に、みんな思いを込めて石を納めました。

⑥パネル展示
この他、会場の一角に展示コーナーを設置
写真:パネル展示
過去の岡山城跡整備や、50 年前の天守閣再建の様子などを、当時の工事写真を使って紹介しました。

ミズベリングの各イベントの中にあって、少々マニアックで異色な内容の当社企画でしたが、笑顔の溢れる、和やかで楽しいひと時だったのではないかと思います。
御来場頂いた皆様、そしてイベント運営に携わって下さったスタッフ並びに協力業者の皆様、本当に有り難うございました。



協力会社の皆様へ 個人情報保護方針 リンク